HOME > 製品情報 > 自動化装置 > 油圧押し切り型ゲートカット装置

仕上げ装置

油圧押し切り型ゲートカット装置

油圧式ゲートカット装置ゲートカットに手間を取っていらっしゃいませんか?




概要


本装置は油圧式で、ランナーと成形品をつなぐサイドゲート方式でのゲート部をカット処理する装置です。
一般に成形品自動化装置のチャック部にエアニッパ等のカット工具を取付けて、ゲート部をカットさせる方式がありますが、本装置は、太径ゲートの
成形品を台(切断型)の上に置き、押し切り方式により、ゲートをカットさせるプレスタイプです。


機能


1、本装置には、別置型半自動(1サイクル自動)用と全自動化システムの付帯装置用の2通りのタイプがあります。

2、半自動用としては、成形作業者が付き、成形済みのランナー付き成形品を切断型に挿入させ、1サイクルの全行程が自動的に行われる
  別置型の単動式タイプとして機能します。ただし、切断後、スプル、ランナー、製品の各取出しを作業者が行います。
  (ランナ取出装置取付も可能です。)

3、全自動用としては、成形機本体の全自動化システムの付帯装置として、成形後、取出し、スライド出の切断型に挿入・切断・切断後の各取出し、
  識別、回収まで全工程を連続的に繰返し行なう、無人での全自動型盤スライド式タイプとして機能します。

4、切断工法に関しては、型内に両刃(上刃と下刃)を取付け、切断時、刃が出て、両刃で押し切る工法です。
   (通常、型開き時、両刃は型内に引っ込んでいますので安全な型仕様としています。)


効用性


1、通常のエアニッパ等でカット困難な大きなサイズのサイドゲート(例:ISO規格試験片のサイドゲート等)特殊サイズゲートを4点同時にカットできます。

2、作業者が、直接ニッパ等でカットする手間、疲労を省き、1度にクリーンカットができます。

3、切断工法も、両刃でプレスさせながら、押し切るため、切断面もスムースであり、ゲート残り(突起部)も、成形品を傷付けること無く、0,5mm以下に
  押さえることができます。


仕様


油圧式 プレス機

モータ容量 : 5,5(4P) kW

型締め力 : 100 kN

使用油圧 : 13 MPa

機械寸法(W*L*H) : 1500 * 1130 * 2273(MAX)

(安全ドア開閉式 単動プレス機での寸法)

機械質量 : 約 1 t


ISO