HOME > 製品情報 > 自動化装置 > マガジン式

整列装置

マガジン式


部品(インサートワーク)供給方式

 現在プラスチック射出成形のインサート成形システムで使用されている部品整列・供給方法としては振動式のボールフィーダ等が一般的に知られて
います。
 インサート成形システムを効率良く稼動する為にインサートワークを正確に供給する事が重要です。
 従って、インサート自動成形システムの構成を企画する際ワークの形状・成形の前後工程の方式等を十分に考慮した部品整列・供給方式を選択する
必要があります。

1、マガジン式

マガジン式とは、供給する部品を部品形状に対応したケースに組み込み部品の整列供給する装置です。
マガジンへの部品投入は作業者により行われる場合と前工程の収納に使用し共用して成形システムで使用する事も可能です。
マガジンからの部品の取出しは上方から行なう場合・下方から行なう場合・マガジンを横にセットし押出す方法等があります。
成形品とインサートワークの形状によっては成形品の収納にもマガジンを共用使用する事も可能です。


2、自動成形システムに組み込んだ事例

2-1、プレス部品(曲げ加工あり)
インデックステーブル上にマガジンを6セット取付インサートワークは上方から順次位置決めきり出しを行ない供給しています。
マガジン内のインサートワークが無くなるとインデックステーブルが駆動し次のマガジンを供給位置に移動します。
(積み重ね時のかみ込みを考慮した切出し構造)

2-2、電子関連部品
部品供給部に部品を装填したスティック(樹脂等で作られた細長い容器)を横置きに設置し押出し方式で順次ワークの供給を行ないます。
ここで使用されるスティックは部品を輸送する際の容器として使用されています。

2-3、モータ関連部品
モータ用ステータをマガジンの下部より位置決め・切出し・表裏判別を行ない供給しています。金型キャビティピッチに合わせ、2マガジンを
1セットとし左右スライド装置上に2セットのマガジンを取り付け交互使用可能とし機械稼働中にマガジンの交換が行なえるようになっています。
(表裏確認後異常部品は機外に排出)


3、マガジン使用時の注意点

3-1、積み重ねによる問題
プレス部品の場合部品の積み重ねによる傾きの問題があります。特に曲げや絞り加工の施された部品を使用し、マガジン上方から取出しを
行なう場合は積み重ねの数量を少な目に設定する必要があります。
又、プレス時のバリによる部品どうしのかみ込みを十分に考慮した切出し方式を検討する必要があります。

3-2、重さによる問題
部品単体が薄く且つ軽量でマガジン下方より取出しを行なう場合は部品の重量のみに期待すると部品残量が少量になった場合に問題を起こす
可能性が高くなります。この様な場合は外部より機械的に押し付ける機構を組み込む必要があります。


ISO