HOME > 製品情報 > 自動化装置 > 整列装置

整列装置

整列装置

自動車・家電・電子部品の製作・組立の自動化において、準備工程で使用される部品を的確に整列することが、稼働率向上、生産性向上に重要です。

プラスチック射出成形でも、付加価値の高い成形品は、インサート(アウトサート)成形を行う場合が多く、インサートワークの整列・供給装置が成形の
自動化の成否を握っています。

射出成形における整列供給装置の種類


1、バイブレータフィーダ

一般的に使用されている方式で、振動を利用してワークを移動し、移動中に表裏等の方向選別を行います。各種のワークに対応が可能ですが、
フィーダ内のワーク同士が振動により接触損傷する可能性を考慮する必要があります。又、ワークのサイズや形状が類似している場合は、数種類の
ワークに対してある程度共用化することは出来ますが、基本的には1種類のワークに対して専用のものとなります。

2、パレット

振動及び揚動動作により、ワークをパレットに整列・方向決めを行なう方式です。一般的には、成形工程の前工程においてバッチ処理を行ない、
コンベア及びパレットチェンジャー等により成形機にワークの供給を行います。多品種のワーク対応としては、振り込み装置本体は共用しパレットを
変更する事により対応が可能です。

3、掻揚げ方式

ボルトのような形状のワークについては、専用の掻揚式装置も使用されています。軸部の径が同一であれば、軸長の異なるワークについては対応が
可能です。

4、その他

整列・供給が必要になるのは、扱うワークが単品でバラバラな状態で供給される為ですが、ワークを加工された時点では、何らかの位置決めが
行われています。
この様な観点を活かせば、プレス装置から簡単なピックアンドプレースロボットでワークを次工程に移送することが出来ます。両者を一体とした
専用装置も製作されています。
その他、画像処理装置(カメラ)と垂直多間接ロボット等を組み合わせ、バラ積みワークの移送位置決めを行なうシステムも開発されています。


ワーク整列供給を含めた自動化のポイント


自動化設備を設計するときは、扱うワークの位置決めをどのように行うかを決めることが重要になります。システムを効率よく稼動させる為には、
一度位置決めしたワークの持ち替え等の工程を最小限に押さえる事が必要です。
 複合射出成形におけるシステムの例として、次成形品を2次成形のインサートワークとして使用する場合には、1次成形終了後の成形品を
金型に残し2次成形を行ないます。又、成形後部品の組み付け等を行なう場合には、成形後に金型内で組立を行ないます。
 位置決めの重要性を考えた場合、このような方法は非常に合理的で有効な手段となります。
このように成形の自動化を行なう場合には、前後の工程を考慮したトータル的な設計思想が重要なポイントです。

 当社は、35年以上、成形機、金型、自動化装置をシステムとして設計、製作した実績を蓄積し、上記の型内組立、型上組立をはじめ、
自動化システムの開発を「一品料理を厭わず」お引き受け致します。

ISO