HOME > 製品情報 > 専用機・特殊成形機 > CIM成形機

CIM用成形機

CIM成形機(セラミックスインジェクションモールディング)

セラミックスの射出成形は、セラミックス粉末を樹脂系のバインダーと加熱混練して、一旦粘土状の固まりした後、粒状にして、普通の熱可塑性樹脂と
同じように射出成形機で成形品(グリーンパーツ)を作り、その後、素焼き(脱樹脂、ブラウンパーツ)で、焼成して製品(ホワイトパーツ)を完成します。
セラミックス成形品は、耐熱性、硬さ、耐摩耗性、耐薬品性などに優れますが、原料の価格が高いこと、工程が、原料混練、成形、素焼き、焼成の 
4つあり、それぞれ歩留まりが関係しますので、コストが高く、付加価値の高い用途で使われます。

1.CIMの効用

 セラミックの成形法としては、加圧成形法、押出し成形法、泥奨鋳込み法等による生産手段が使われていますが、いずれの方式も生産性において、
自動化がやりにくいとか、設備が大掛かりになり過ぎるとかで、一般的には導入が困難とされています。
 一方セラミック製品は、高い電気絶縁性を活かして電気製品に早くから用いられ、耐食性、耐摩耗性、耐熱性、高い強度などの特長を備えているため、
産業機械部品に幅広く利用されています。  


2.製造工程































この工程でわかりますように、セラミック製品は、多種の工程を経て製品となります。


3.適用素材

酸化物系:アルミナ、ジルコニア、ベリリア等
炭化物系:炭化ケイ素、炭化タングステン、炭化チタン等
窒化物系:窒化ケイ素、窒化ボロン、窒化アルミ等


4.応用製品

耐摩耗特性を生かした分野:切削工具、各種カッター、機構部品のガイド部品等
耐熱特性を生かした分野:バーナーノズル、ガスタービン、エンジンルーム部品等


ISO